Yasutomicho Community and Disaster Prevention Park

名称:安富町コミュニティ防災公園

所在地:兵庫県姫路市安富町長野

面積:4,364㎡

発注者:姫路市(旧安富町)

期間:2003~2005

分野:公園緑地

​受託内容:基本設計・実施設計・設計監理

ランドスケープ設計:HEADS OSAKA

 建築設計:濱端建築事務所

<緑の地域防災拠点づくり>
兵庫県の中央部に位置するこの町は、急峻な斜面を持つ山々に囲まれた中山間地域であり、土砂災害等に備えた地域の防災拠点の整備が急務となっていました。こうした背景を踏まえ、県の補助事業として、防災備蓄倉庫及び緊急時へリポートの整備を主眼としながら、平常時には地域の防災シンボルとして広く地域住民の憩いの場として活用できる公園整備を行いました。周辺の山に呼応しながら公園の受けとなる建築施設の前には周辺の田んぼと連続する芝生のヘリポートを配し、地域の風景と調和した緑の防災拠点になっています。