Narumi Housing Complex

<まちの歴史性と環境共生に配慮した住環境・景観整備>
鳴海団地は、自然環境資産と連続したビオトープ環境の中の住環境整備と、有松絞りで有名な旧東海道の街としての歴史性をみせる景観づくりを目指した団地です。団地の幹線となる道路を“シンボルガーデンロード”と称し、まちの歴史性や団地整備のコンセプトをみせる道路空間を造りました。団地内プレイロットには住民自ら「都会の田舎暮らし」を体験できる共同菜園や、生物との共生を実現するビオガーデンなども整備しています。

名称:鳴海団地

所在地:愛知県名古屋市緑区鳴海町

面積:3.9ha

発注者:UR都市機構(旧住宅・都市整備公団)

期間:2001~2005年

分野:住環境

受託内容:基本設計・実施設計

ランドスケープ設計:HEADS OSAKA