© 2017 HEADS TOKYO All Rights Reserved

metsä

ランドスケープの取り組みⅠ

<ランドフォームデザイン>

ヘッズは、「そこそこ雰囲気のある宮沢湖」をランドスケープをデザインすることで、「北欧のゆるやかな時間が流れる居心地の良いパーク」へと生まれ変わらせました。

私たちがまず留意したのはランドスケープのベースとなるランドフォーム(地形)のデザインです。
森と湖との間を造成し、建築や広場などをうまく配置していくことで、そこがデザインされた空間であることを意識せずに、
「なんだか気持ちいい」空間になることを目指しました。

森と湖と施設との関係をデザインすることからメッツァのランドスケープデザインは始まりました。

AFTER

BEFORE

​ごちゃごちゃした入り江を造成し、パークへの期待感を高めるすっきりとしたエントランス空間にデザインしました。

AFTER

BEFORE

​森と水面をつなぐランドフォームデザインを行い、広場を中心に森、建築、湖が美しくつながる空間にしました。

AFTER

BEFORE

​森、建築、湖の一体感ができ、対岸や湖面からの景観もバランス良く自然になりました。

AFTER

BEFORE

湖を望むことができなかった「台地」が、湖を感じる居心地の良い広場へと変わりました。北欧のような、ゆるやかで豊かな時間が味わえます。