Study on a Method of Greening with Effective Utilization of Resources

名称:資源を有効活用した緑化工法の検討

所在地:

発注者:NEXCO(旧日本道路公団)

期間:2003~2004年

分野:道路空間調査研究・行政計画

受託内容:調査・研究

​担当:HEADS OSAKA

<建設現場における植物資源リサイクルに関する研究>

土木工事の現場では、樹木・表土・岩石など造園工事に使用できる資材が発生しています。このような状況に対し、環境への配慮の一環として工事で発生する資源の有効活用方法を検討しました。提案では、土木工事と造園工事の工程調整の図り方、調査費用の軽減手法、低コストでの移植や表土移設の手法と併せて、資源利用マニュアルの作成を行いました。実際の土木工事でも樹木移植が試みられるなど、資源の有効活用が徐々に広がりを見せています。