© 2017 HEADS TOKYO All Rights Reserved

Save Our Ancient Green by Our Hands:

Creation of Mt.Tanakami Forest for the Next Hundred Years

名称:田上山百年の森づくり ~いにしえの緑をわれわれの手で~

所在地:滋賀県大津市

面積:約10,000ha(田上地域全域)

発注者:大津市

期間:2002年

分野:まちづくり・地域振興

受託内容:基本構想・基本計画

​担当:HEADS OSAKA

2004年ランドスケープコンサルタンツ協会賞最優秀賞(調査・計画部門)受賞(一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会)

『CLA journal』2004年号 No.159,ランドスケープコンサルタンツ協会 掲載

<市民が主体となった自然再生計画>
「田上百年の森づくり」は、地域住民が主体となって、地域の自然、歴史、生活文化等の資源を見つめ直し、100年の長期的な視点から自然の再生に取り組むことで、地域の自然が将来にわたって保全されることを目指したものです。また、生物の多様性の確保を通じて自然と共生し、活力のある地域社会の実現を図ることを目指しています。地域の実情に応じた将来ビジョン、地域活性化の方策、地域の自然再生にむけた企画を提案し、住民の創意工夫による主体的な活動を導き出しました。